妻に浮気がばれた!離婚の危機を回避する方法とは?

2016年12月7日

結婚をしているのに浮気をしてしまう男性の中には、「家庭が大切!妻と別れる気は全くない!しかし魔がさしてしまった…」という人と、「俺の結婚は間違っていたかもしれない!こんなに俺を大切に思ってくれる女性と、もう一度人生をやり直したい」と思ってしまう人がいるのですが・・・。

妻に浮気がばれたら、どちらの理由にしろ、絶体絶命のピンチ、そんな時夫はどのような対応をしているのでしょう?

というわけで、今回は浮気はバレたが離婚は回避したい男性の対応についてアンケートを取ってみました。

やっぱりまずは謝罪でしょう!他の方法もあるかも!?

アンケートの結果、「心から素直に謝罪をする」、「プレゼントで許しを請う」、「二度と浮気をしないと誓う」、といった人が多いようです。

・ひたすら頭を下げて許しを請います。これ以外に方法がないでしょうから。(50代/男性/無職)
・とにかくお願いします。何回も何回も頭を下げて反省して離婚をしのぎます。(30代/男性/会社員)
・浮気をしたことを反省して妻に謝罪をし、二度と浮気をしないと誓います。(20代/男性/会社員)
・ひたすら謝るし、離婚届にサインしてもう一度同じ事をしたら提出してくれと渡して許しをこう(30代/男性/自営業(個人事業主))
・謝ってプレゼントを欲しいだけ買ってあげる、女はプレゼントや宝石、お金に弱いので許してくれる。(40代/男性/無職)
・とにかく謝ってもう2度と浮気しないと誓って、食事につれていったりプレゼントしたりして許しを請う(30代/男性/パートアルバイト)
・高価なプレゼントを渡してひたすら謝ることしかないと思います。(40代/男性/無職)
・浮気を認めたらおしまいなので、何がなんでも浮気を認めないようにする。あくまでもシラを切りとおす。(50代/男性/専業主夫)
・例え本当に浮気したとしても、浮気はしていないと言い続けます。(50代/男性/会社員)

アンケートの回答をみてみると、浮気がバレてしまった後の妻への対応は2パターンに分かれると言えるようです。

大多数の方は謝罪し誠心誠意尽くすという意見でしたが、それとは反対に、浮気を認めない!という意見もみられました。

離婚をしたくないのであれば、やはり妻に許してもらうことが1番大事だということのようです。

しかしその一方、浮気をしたという事実を認めないという意見があるということは、認めなければ、妻も決定打がなく離婚までは踏み切れないと考えているいうことなのかもしれません。

 

妻が何を求めているのかを見極めよう!

 

岡野あつこからのメッセージ

浮気発覚による離婚の危機を回避するのに最も大切な事は、浮気に傷ついている妻が、どのような夫の対応を望んでいるかではないでしょうか。

素直な謝罪、2度と浮気はしないという誓約と反省、妻や家族が1番大切だという真剣な気持ちで、多少なりとも妻の心は許しへと動くかもしれません。宝石や旅行など、高価なプレゼントが効果的な妻もいるでしょう。

また、浮気を認めない夫に救われる妻もいれば、認めない事による真実の曖昧さに余計に苦しむ妻もいるのではないでしょうか。

我が妻は何を求めているのか、そこを見極めてこそ離婚の危機を乗り越えることができるのかもしれませんね。

■調査地域:全国
■調査対象:【性別】男性
■調査期間:2015年07月14日~2015年07月28日
■有効回答数:100サンプル


関連記事

Top