TOP > 離婚の悩みSOS >  熟年離婚 > 熟年恋愛・再婚対策

熟年離婚。相談カウンセリング

熟年恋愛・熟年再婚事情――――――

熟年恋愛・再婚をして、必ず幸せになれると思いますか?

離婚救急隊の相談者も熟年夫婦が増加傾向にあります。
しかし、熟年夫婦のカウンセリングを受けるうちに、自分の決断に迷いがあったり、離婚を することによって本当に幸せになれるのかを具体的に考えている人は実際には少ないものです。
熟年離婚を決断しようとなさった方は、今までの我慢を爆発させ、勢いで離婚に向かうのでなく、

慎重に離婚後の生活や精神的不安や周囲の状況などを考え「しっかりと専門家のアドバイス」を受け、熟年からの離婚、熟年離婚した後の生活、離婚というものを 考えることが最重要です。

最近では再婚事情が打って変わり、熟年離婚した方々が、その後第二の人生で50、60歳過ぎて、幸せな再婚を勝ち取る方が増えてきました。
もちろん子どもや孫たちまでに祝福されて人生で一番輝けるラストステージに上り詰めています。
長年、一生懸命正しく家事育児をこなした結果の賜物です。



人生は執着から逃れて何かを手放す時に大きな幸せがやってくるものです。
熟年離婚という大きな決断と選択をし、既に再婚相手が決まっている、熟年離婚後すぐに再婚相手に巡り会うという方も大勢います。

一方で、離婚後、前の夫とは違う理想の相手と幸せになるという前向きな気持ちと覚悟でいたが、簡単な話ではなかったという例もあります。
それはあまりにも弱った状態での理想の伴侶探しを焦ってしまったり、裏目に出たりする失敗例になりかねません。



また、熟年離婚をする段階で、子どもたちの大反対があり、そんな子どもたちの反対を押し切って再婚したことにより、親子関係にひびが入るという例もよくあります。
熟年離婚、熟年再婚を考えているのであれば、踏み切る前に正直に「もう一度幸せになりたいんだけど、一緒に考えてくれる?」と、子どもたちに聞いてみるのもよいかもしれません。

子どもたちが一番あなたの頑張りや辛くても苦しかったときの背中を良く見ていてくれたのです。
だからこそ一番に相談して下さい。きっと大きな応援をしてくれます。

子どもたちの気持ちや周囲の状況などを考えると、熟年離婚は良いことばかりではない

最近、世の熟年離婚ブームに押し流され、苦しさからの逃げや脱却、安易な熟年離婚を選ぼうとしている方、熟年離婚さえすれば、幸せになれると考えている方が多くいらっしゃいます。
熟年離婚をしたら、いいことばかりだと夢を見て信じ、覚悟を決めることはよいことなのですが、 離婚という大きな選択の前に現実をしっかりと見据え、現実は厳しいものと 受け入れ、もう一度、更なるステージに上がるんだと自分を勇気付け、奮い起こし、何事にも打ち勝つ強い心を持つことが大切です。

離婚後の経済的生活設計をしっかりと確認した上で、必ず今よりも気持ちの上で、幸せになれるという自信を確保できた時点で離婚を決断するべきです。
それでも、熟年離婚した直後は、永年夫婦生活をして、突然一人になった時、 夫婦の時間が長かった分、自由な時間が欲しかった思いが、大きければ大きいほど、現実は一人でいる時間が余りすぎて、 却ってその状況から逃げ出したくなることもあるかも知れません。

熟年離婚という大きな決断は全て自己責任

離婚後、後悔したとしても、全てのことは自分が決めたからこその自己責任と納得する覚悟が必要なのです。
あなたは、それでも本当に一人になりたいですか?

23年間2万6000件以上の夫婦の相談を受けてきた岡野あつこはあなたの幸せを第一に一緒に考えます。

カウンセリングを受けた直後は離婚の方向へ向かうかと思っていましたが、先生と話をした 結果、思わぬ自分の気持ちに気づけました。性格上私は結局は自分の決めたことは 最後までやり通すタイプですが、行動をおこす前段階に冷静になれたのが、カウンセリング の収穫でした。先生とお話ができ、非常に感謝しております。
50代:女性

忙しい中にも関わらず、すぐに予約を入れて頂き、私の話を熱心に聞いて頂いてありがとう ございました。第三者の方に話を聞いて頂いただけで、胸のつかえが少し楽になりました。 カウンセリングも分かりやすく説明してくれたので、今後の段取りやタイミングを把握すること ができました。 家に帰ってから現実に何も変わってはいませんが、自分が変わらなければ変わらないといけない という覚悟や決心をさせて頂き、ありがとうございました。
50代:男性


お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。