TOP > 離婚の悩みSOS >  熟年離婚 > 熟年コミュニケーション

熟年離婚。相談カウンセリング

そもそも「性格の不一致」とは?

離婚原因のアンケートで必ず上位にあるのが「性格の不一致」という項目です。
価値観のズレ、趣味嗜好が合わなくなった、すぐに言いあいになってしまう…などなどを総称して「性格の不一致」と言うわけです。
熟年離婚の最後の離婚理由としても「性格の不一致」として長年に渡る、数々の不満をまとめることが多いのです。
しかし、この一言の中に、色々な思いの離婚理由が入り混じっていることをわかって下さい。

岡野あつこ相談画像 出会いの時はお互いの「持ち味」「考え方」「趣味嗜好」にそれなりに魅力を感じ、摺り合わせることを良しとしたから関係を深めたのでしょう。が、長く暮らしてるうちに欠点や不満が先に立つようになります。 小さなことで傷ついたりしてるうちに、それが蓄積して、やがて大きな問題になってしまう。

そういうストレスが溜れば「許す」「見逃す」「聞き流す」という心のキャパシティがなくなってしまい、 最悪の結果を招くことになっていく、これが「性格の不一致」のメカニズムであり、熟年離婚の理由になるのです。

その上で今一度「不一致の摺り合わせ」という作業を最後だからこそ意識的にやってみるのも大切な準備です。
昔出来ていたことが、何故今出来なくなったかを考えることが大切です。
シビアな話、愛が失せても情があるうちは、これを意識するだけでも関係性はずいぶん改善されるものです。

そして、何より大切なのは、相手を変えようとして行動するのではなく、自分がお別れするパートナーに礼を尽くし、素敵な自分となり卒業していく過程として 日々の行動を摺り合わせるということです。



夫との会話の減少を防ぐコツ

夫婦生活も長くなると、会話がない、話すことがない、なんていう声が多く聞かれます。
たしかに長年暮らしていると新鮮な話題は減っていきそれが会話の減少に繋がっていく原因のひとつだと考えられます。

例えば「○○がしたいんだけど・・・」といった持ちかけに対して、「またその話か?それはやめとけてって言ってるだろう」といったような、突っ返す感じの返事が返ってくる時。
ここで一言で気遣いをせず本音なんだろうけど、突っ返されてしまうことで、挙句「この人には何を話してもどうせ聞いてもらえないから・・・」と話しかけることすらしなくなっていくわけですね。
そのまま受け取って黙ってしまうのではなく、まず受けとめる姿勢を、たとえ「またその話か?」であっても、そのあとに「ごめん。でもこの話が私にとってはすごく心に引っかかって、解決しておきたいの…」と返してあげると、可愛く会話が膨らむみます。

熟年夫婦の会話ポイント

◆どちらかが始めた話に対して、きちんと返事を返すよう心掛ける
◆相手の話に諦めずに説明や意図を伝えることは、相手に興味を持つことと同義
◆(相当かつてかも知れませんが…)恋人同士だった頃を思い出し、会話も楽しさを再認識
◆関係がマンネリぎみなときこそ、気を遣う


笑う門には福来るを実践してみましょう

笑いにはたくさんの効果があるそうです。笑う事により、脳が刺激を受け、面に来機能活性化ホルモンが全身に分泌されるので、 いろいろな病気の予防作用と機能改善が図られます。

楽しく食事を取ると適度な皮下脂肪が蓄えられ、健康的な体型を維持できるのだとか。
逆にストレス状態での食事は内臓脂肪を増やしてしまうのだとか。
そんなわけで、笑顔の絶えない家庭は健康家族・・とも言えそうですが、現実は色々なお悩みや問題山積みで笑ってもいられない・・という声も聞こえてきます。

「無理に笑わなくてもいいから、まず言葉のかけ方に気をつけましょう」

心がギスギスしてるとどうしても言葉にトゲが出てしまいます。
トゲのある言葉は、相手を必要以上に刺激してしまい、そこから言い争いになってしまったり、会話がなくなったりします。まずはそうならないようにお互いが気を使うことから始めましょう。

何気ない声かけに、ぶっきらぼうに答えない、親しき仲にも礼儀あり、というのを頭の片隅にいつもおいておく。
長年一緒に暮らしていると、そういうことを忘れがちです。
とりあえずその辺を意識的にしてみてはいかがでしょうか。

そういった柔軟なコミュニケーションが自然にできるようになれば、やがて自然に笑いあえる時間を取り戻すこともできるようになると思います。
そして何より、年を重ねてもなお素敵な女性に変わっていけるのです。




本日は相談にいって、とても参考になりました。 アドバイスも多くして頂き、早速実行していきたいと思います。 自分に年齢の近い先生にご相談できて安心致しました。 若い方では理解して頂けない感情まで共感して頂けたと感じています。
50代:女性

とにかく誰かに悩みを聞いて欲しいという思いで伺ったのですが、 相手の性格や発言を具体的にイメージしてアドバイスをして頂き、 目の前に事で頭が一杯で広い視野で考えることができなっくなっていた自分に気づきました。 長い年月一人で思い悩んでいたことを、小さなことまでゆっくり、じっくりとお聞き頂いて 本当にうれしく思います。先生にはとても感謝しています。 また何か悩みがありましたら、ご相談させて頂きたいと思います。
70代:男性


お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。