TOP > 離婚の悩みSOS > 男性のための離婚相談 > 弁護士や調停員が親身になって解決してくれない
男性のための離婚相談(妻との離婚・復縁)

弁護士や調停員が親身になって解決してくれない

離婚問題を第三者を通じて解決に持っていくためには、多くの方は「調停」か「裁判」を選ぶことになります。 基本的には調停員を自分で選ぶことは出来ませんので、選ぶとすれば弁護士となります。 協議離婚においての相手との交渉などで、離婚がなかなか成立しない時は弁護士の存在がとても大きなものになります。

弁護士と言っても誰もが同じように対応してくれるわけではありません。 なぜなら、弁護士といえども「人間」です。人間には心がある以上、相談したところで、共感を得られないこともあります。 特に離婚問題において、浮気や金銭やDVなど、夫側に問題がある場合、男性がどんなにお金を用意して依頼をしたとしても、「正義感」ということから親身になってくれない弁護士や、「中立」という立場から、親身になってくれない調停員は存在します。

つまり、「経験」と「自分との相性」この2つを考えた上で選ばなければ、裁判における判決が大きく変わってくるのです。 弁護士を選ぶ方法で、一番良い方法は「紹介を受けること」です。 最近はインターネットで仕事を集める弁護士は増えてきましたが、基本的には人とのつながりで仕事をもらうことがほとんどです。 ですから、紹介によって訪れた相談者は、基本的には丁寧に扱われます。

ではどうすれば、その「紹介」を得られるのか。 その際に有利なのは、一つは貴方の友達など、「近しい友人で貴方の味方になってくれる弁護士を探す」か、「貴方と同じ問題を過去に経験した友人を探す」といことです。 日本は毎年離婚件数が増加しています。つまり、意外と灯台下暗しで、貴方と似たケースの問題を抱えている身近な人がいることも増えているのです。 すぐに弁護士だ、調停だ、と第三者を当たることは良いことですが、まずは「親身になってくれる可能性が高い人」を探すことをお勧めします。

また、プロ意識が高く、依頼者のために立場を貫き通す離婚カウンセラーも増えてきていますので、近しい専門家がいない場合は、相談することをお勧めします。 また、弁護士には、離婚問題において、初期段階でも末期段階でも、どの段階からでも依頼が可能です。ですから、弁護士に相談をする際は、基本的に弁護士は時間で報酬が決められていますので、事前に話の要点をまとめたり、財産などの資料もあらかじめ用意しておくと良いでしょう。

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。