TOP > 離婚の悩みSOS > 男性のための離婚相談 > 他に結婚したい女性ができたので、円滑に離婚したい
男性のための離婚相談(妻との離婚・復縁)

他に結婚したい女性ができたので、円滑に離婚したい。

男性から離婚を切り出す場合、妻以外の女性(愛人)が存在することが多いものです。 特に、その女性との将来を見据えている場合は、「早く妻との離婚を進めたい」と相談にいらっしゃいます。 しかし、現実問題として、夫が浮気をしていたという責任がある以上、奥様が離婚に応じてくれない事には離婚はできません。 日本では離婚するには離婚事由が必要となります。

愛人がいて、その人と一緒になりたいから離婚したいと素直に伝えても、責任が男性にある以上、離婚事由としては認められません。 逆に奥様の逆鱗に触れ、「死んでも離婚しない」と態度を悪化させることもありますし、最悪の場合には、奥様からあなたと愛人へ、慰謝料の請求をされることもあります。

しかも、慰謝料を支払ったからといっても、愛人との交際が認められる訳では無く、会うことすら許されないのです。 ですので、このあたりを理解している方は、愛人の存在を素直に認めることはなく、他の理由で離婚へ進めようとしますが、愛人がいると言っても言わなくても、すぐに奥様が離婚に同意してくれる事は難しいのです。 奥様にも幸せになる権利も義務もあります。

そして結婚したということは、当初は、「一生幸せにする」と約束した仲だったはずです。 年齢を重ねる中で、愛情が無くなったからと言って、いきなり離婚を切り出されても、奥様だけでなくほかの誰もが理解しがたいでしょう。 奥様としても、二人の子供の将来や、今の年齢から新しくパートナーを作ること、パートナーがすぐに見つからない場合は、一人で子供を養っていく必要もあるということを想像すれば、離婚後の人生に絶望することも多いのです。

さらに、バツイチで子持ちとなれば、独身の女性よりもリスクを背負います。 男性からも相手にされなくなりますし、就職自体も困難となってしまいますので、何としてでも離婚を回避したいと思うものです。 しかし、離婚したいのに離婚できない、別れたいのに別れてくれない奥様との関係を、今後もだらだらと継続する事は時間的なこともありますが、精神的に耐えられないものです。、愛人にも年齢がありますから、ずっと待ち続けてくれないかもしれません。

そこで重要なのは、奥様に「離婚した方が今よりも幸せになれる」というイメージを持ってもらうことです。 このイメージを持ってもらえなければ、離婚には応じてもらえません。 その「イメージ作り」をするためには、基本的に必ず奥様と同性となる「女性の離婚カウンセラー」に相談し、長期的な対策を練ることが一番の得策です。 というのも、奥様の友人や家族があなたの味方になってくれることはありませんし、弁護士も法的な対応の専門家ではありますが、「精神的」な対応までは出来ない場合もあります。何よりも奥様の心を考えた対応を考えましょう。

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。