TOP > 岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談 > 離婚と裁判。弁護士について

岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談

離婚と裁判。弁護士について

調停が不成立に終わり次は裁判を向えると思います。

私たちは再婚同士で私には連れ子11歳の長男養子縁組です。

離婚の理由は姑が同居もしてないのに。
一々入ってくるので喧嘩になり私は精神的に欝になり
調停後は別居になりました。

主人は弁護士と姑に別居を言われ実家に帰りました。

内緒で会社の上司に主人の事を聞いてみたりしたら
女の噂があると薄らと聞きました。

また前の妻にもなんとか連絡してやっと当時の離婚のひづけと
結婚して住んでいたのが主人の嘘が解り
前から嘘の多い主人は話も一人で出来ず
弁護士通してとすぐ言うので逃げてばかりいる主人にあきれたり、
腹が立ったりしますが主人との7カ月になる子の為にも
今は離婚はしたくありません。

私が自立して子供を養っていく力をつくまでは
今回の裁判で主人と姑に勝ちたいのです。

相手の弁護士はすぐ私がなってほしいと思う
弁護士に私の行動を言って駄目にしてしまうので
弁護士への苦情などはどうすれば良いか?

お願いします

<カウンセラーからの回答>

二人のお子さんを抱えて大変な思いをしていますね。

ご主人に女の影があるのならば、調査することをおすすめします。

女をつきとめることです。
裁判の時にはあなたに有利な材料となります。

相手の弁護士があなたの頼みたい弁護士に
行動を言いつけるということですが、
相当な事を言わないと弁護士は手を引かないでしょう。

ご主人側の弁護士が属する弁護士会には
市民窓口がありますので、そちらに相談してみてください。

当然当方にご相談頂いても結構ですよ。

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。