岡野あつこと柳田康男弁護士のよくある相談

妻、不貞行為による離婚。

ペンネーム:yasuさんのお話

妻が会社上司と不倫をしております。
半年前より離婚を妻より告げられましたが、子供も居る事ですのでなんとか修復をと願ってきました。

今年、4月、何かがおかしいと思い色々調べてるうちに妻が不倫していることがわかりました。
相手も分かっていますが、自分が耐えれば子供の親は居なくならないとの思いで、知らん振りをずっとしてきました。

昨年11月から始まった夜遊び(週1回~2回、毎回朝帰り(AM6時~AM7時50分)、2月ぐらいからは、不倫相手との夜遊び。
先日、何とかしたいと思い話し合いましたが、自分の所へはもう戻らない、もう男とは思えないなど色々言われました。

自分も妻をセックスレスにより6年前(長男が生まれたぐらい)悩ました事を後悔もしてますし反省もしております。
改善しようと6年前に1年半かけて、色々話してきましたが、言うなら離婚すると最終的にいわれ離婚が怖く言えなくなり、その後は、行動でわかってもらおうと努力してまいりました。

この事を何度話しても言ってきますし、6年前からもう終わってた!何もしてなかった!
など言われて、自分を全否定し、不倫している事を悪いと思った事はない!全部あなたが原因でしょ!
と豪語してきます。
正直、不倫だけなら良いと思ってましたが、夜遊びから受ける子供への影響を考えると、子供に申し訳なく、子供を守りたいと心底思いました。
夜遊びする事によって、寝坊、帰宅しないなどをするようになり、子供の学校の準備、朝食の準備、学校への送り出しをその時は自分がします。
夜遊びしている時の寝かしつけ添い寝なども自分がします。

先日は、5月29日の10時ぐらいに出ていき帰ってきたのは、6月1日のAM3時ぐらいです。
二日目の夜、末っ子が自傷行為とも思える、自分も腕を痣になるぐらい噛んでました(翌日朝気づいて息子に聞きました)

6月1日の夜、妻と話し合いましたが、上司宅前に車を置き、レンタカーで義父が持つ箱根の別荘に行ってたらしいです。
「何で」と聞くと、まず言われたのが、「不倫相手に心配してほしかった」と言っていました。

その後は、とって付けた言い訳のように自分のせいにしてましたが、もう修復は無理と感じ、尚且つ子供にこれ以上負担をかけたくないとの思いから離婚を決意し、一人で不倫相手のもとへ、行ってくれと告げ、子供達は、自分が育てていくと言いました。
その言葉に、逆上し親権は、絶対渡さない、あなたが悪いのに何で私を苦しめるの、私が子供を好きなのをわかってての嫌がらせ?あなたなら分かってると思ってた(その時下2人は、自分の実家に泊まりにいっていたのですが)
今から実家に迎えに行く!絶対わたさない!と夜中に出ていこうとしたため、妻を制止し話を続けましたが、私は悪くない、あなたが悪いとずっと言ってました。
不倫相手の話をすると、過去の話を出してきて、この私たちの話に関係ない!と言います。
自分の気分で行動をする妻に、どうしても子供を取られたくありません。

最近、男優先の生活をしている状況で、夜、子供達だけで、家に居る姿を想像するだけで胸が締め付けられます。
自分は、幸い父、母健在で定年退職しているので全面協力すると言ってもらってます。
(今の家に父母越してきても良いと言ってます)
妻実家は、数年前近くへ越してきたのですが、厳格な父親で不倫した結果こうなったと知ったら妻と疎遠になると思います(妻が自分との事だけを伝えて不倫の事は、隠すと思いますが)

親権を勝ち取るために、子供達に平穏な生活を送らせるために、慰謝料を妻、不倫男へ請求するために(こちらは、正直、どうでも良いと思ってます)今後、何をして、何を準備して、妻と戦ってけば良いでしょうか?
妻は、親権は、私に必ず来ると言っております

<カウンセラーからの回答>

こんにちは。
毎日お仕事とお子様のお世話、どんなに大変な日々を過ごしてこられたことでしょう。

たとえ6年前にすれ違いがあり、辛い思いをされたとしても、奥様の今の言動は自分勝手なものであり、お子様に自傷行為まで出ている様ですので、離婚を考えてしまうお気持ちよくわかります。

ただ、お子様にとっては、かけがえのない母親であることに変わりはありません。

お互いに意地になって親権を取り合うのでは無く、お子様のお気持ち、幸せを一番に考えてあげて下さい。

その上で、離婚を考えるのでしたら、お二人で話し合われるのは感情的になり難しいと思いますので、、親権、慰謝料等の問題を含めて弁護士等の第三者に依頼された方が良いかもせれません。
また不貞の証拠も必要になるかと思います。
大変だと思いますが、お子さんたちのためにも後悔しないよう、頑張りましょう。

応援しています!

お申し込みフォーム

※休日(土日)祝日のメールでの受付・ご予約はできません。お急ぎの方はお電話でお願いいたします。